血糖を上げない食事のとり方

トップページ » 血糖を上げない食事のとり方

2011年09月号

① 糖尿病食は健康長寿食です

 糖尿病の食事療法では特別なものではなく、すべての人にとって、健康で長生きする食事です。特に食べてはいけないものはなく、必要なカロリーをバランス良くとることがポイントです。

② 必要なカロリーは、標準体重×30kcal程度です。

 炭水化物(ごはん、パン)、タンパク質(肉、魚)、脂質、野菜、果物等をバランスよくとります。脂肪、食塩は控えます。

③ 1日3食、腹8分目に、規則的に食べます。

 1食抜かすと残り2食が過食となりがちです。朝食を抜かす習慣は、夜遅く食べているとか、朝遅く起きているとか、生活のリズムが悪い背景があります。朝、早く起き、食事の間隔をあけ、夕食後には食べ物をとる習慣をやめ、朝、空腹で起きましょう。朝食がおいしいですよ。

④ よく噛んで、ゆっくり食べましょう。

 早食いは過食につながり、血糖も上がりやすくなります。

⑤ 間食、おやつを控え、アルコールは少量にしましょう。

 菓子パン(メロンパン、アンパン、デニッシュなど)はカロリーが高いので、要注意です。

⑥ 外食は、塩分が濃いもの、油料理が多いので注意が必要です。

 ハンバーグなども要注意、品数の多い、定食、和食系を選びましょう。外食時、買い物時はカロリー表示をチェックしましょう。


トラックバック

トラックバックURL


Copyright©2020 桜木クリニック All Rights Reserved...