桜木クリニックです
診療のご予約・お問合せはこちらからどうぞ。
さくらぎ散歩道アルバム
feed
「桜木クリニックの理念」誠実、良質な医療を行い、地域の皆様に愛されるクリニックを目指します。「基本方針」新しい知識と技術で、良質な医療を行います。地域のニーズに応えた医療を提供します。快適な環境で、医療を受けていただきます。患者様の権利を尊重します。

新着お知らせ 過去の記事一覧»

2019年06月21日 お盆の休診日のお知らせ

8月13日(火)から8月15日(木)まで、休診とさせていただきます。

8月11日(日)山の日と、翌日12日(月)振り替え休日を合わせて、5連休となります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

健康クラブ 過去の記事一覧»

2019年06月号 妊娠と薬

妊婦さんが、内科などの産科以外の科を受診する場合、その科で投与される薬が、胎児に悪影響を与えないかどうか、心配になると思います。

薬剤の胎児への影響は、妊娠の時期で、表のように3つに分けて考える必要があります。

受精~2週=妊娠4週 全か無かの時期
影響が大きければ流産、小さければ修復可能であり、形態異常の可能性はない。
妊娠4~12週ごろまで 催奇形性に注意しなければならない時期
骨格や器官ができる時期で特に注意を要する。
上記以降 胎児毒性に注意しなければならない時期
胎盤を通して胎児に移行する胎児毒性のある薬に注意。

催奇形性のある薬物としては、サリドマイド、男性ホルモン、ビタミンA、ミコフェノール酸、ワーファリン、D―ペニシラミン、抗てんかん薬、ミソブロストール、メトトレキセート等が報告されています。[続きを読む]

最近の記事



所在地 山口県周南市久米2919-1
TEL.0834-25-3550

Copyright©2019 桜木クリニック All Rights Reserved.