ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)検査の値が国際標準化されます。

トップページ » ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)検査の値が国際標準化されます。

2012年4月2日

HbA1cは、代表的な糖尿病の検査ですが、わが国で使用してきたHbA1c値(JDS値)は海外の多くの国で使用されているHbA1c(NGSP値)に比較して約0.4%低いことがわかっておりました。

本年4月より、わが国でもHbA1c検査の測定値を国際標準化するため(糖尿病の診断、治療のグローバル化のため)、従来のHbA1c値に0.4%を加えた値を使用することになりました。検査結果の数値が高くなったとの印象をもたれると思いますが、ご留意お願いします。

HbA1c(国際標準値 2012年4月より使用)
=HbA1c(JDS値 2012年3月までわが国で使用)+0.4%
=HbA1c(NGSP値 外国で用いられている値)に相当する値 

 これに伴い、当サイトの「当院で行える検査」ページにおいて、以下の項目を更新いたしましたので、併せてお知らせいたします。

1. 糖尿病関連

https://www.sakuragi-clinic.net/kensa/

  • 血液検査 HbA1c
  • 血糖コントロールの評価 HbA1c 

参考:ポコさんの健康クラブ
2012年3月 ヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)て何?


トラックバック

トラックバックURL


Copyright©2020 桜木クリニック All Rights Reserved.